お知らせ一覧


多焦点眼内レンズを用いた白内障手術-選定療養


2021年 7月 14日

当院で選定療養を始めました。

それに伴い[多焦点眼内レンズを用いた白内障手術]が
当院でもこちら「選定療養」により実施できるようになりました。

*当手術は、2020年4月より保険外併用療法費制度内の「選定療養」という枠組みで実施可能に

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術と選定療養|いのうえ眼科

選定療養 とは
追加費用を負担することで、保険適応の治療と保険適応外の治療を併せて受けることができる制度です。


多焦点眼内レンズ

焦点の数が二つ以上あるため、遠近両方にピントが合うのが多焦点眼内レンズです。

メガネやコンタクトレンズに多重焦点タイプの遠近両用があるように、眼内レンズにも多焦点眼内レンズがあります。

眼内レンズそのものは60年以上の歴史があり、多焦点眼内レンズも実は20年以上の歴史があります。

当院 井上 智之 院長は、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の診療・手術も多数、経験豊富です。受診の際、まずは気軽にご相談ください。



単焦点レンズと多焦点レンズの違い

単焦点レンズと多焦点レンズの違い|いのうえ眼科


多焦点眼内レンズの費用

 費 用(片眼)
2焦点眼内レンズ180,000円(税込)
3焦点眼内レンズ250,000円(税込)
3焦点眼内レンズ(乱視矯正あり)280,000円(税込)


多焦点とはいえ、複数の焦点をあらかじめ設定するもので、元のようにどの距離にも自在にピントを合わせられるわけではありません。場合によっては、メガネをかけたほうが楽に物が見えることもあります。